ティップラン・エギング(アオリ、スミイカ狙い)

タックル

ロッド

ティップランエギング専用のもの。

もしくは、先調子の硬めのキス竿や 硬めのバスロッド。

リール

中型のスピニングリールにPE0.4〜0.6を100m以上巻いてあること。

リーダー

フロロカーボン 2号。長さ 2〜3mくらい。

エギ

ティップラン・エギング専用のものか、中オモリを使用した従来のアオリイカ釣り用のエギや オカッパリ用モデル。

ティップラン専用以外のエギには専用のアシストシンカー(7〜30g)を装着しましょう。

また、専用エギでも風が強い日にはアシストシンカーが必須です。

天候、水色によりヒットエギが刻々と変わります。特にオレンジ系、パープル系は必須なので、いくつか選んで購入してください。

また、スナップスイベルも必要です。エギの着脱が楽になり、エギの動きを良くしてくれます。

テクニック

  1. 海底に、エギを着底させる。(着底がわかる重さが必要。リールからのラインの出方をみて、出てるラインがタルんだ瞬間が海底です)
  2. 3〜5回、素早くリズム良く ラインを巻きつつロッドをふり(シャクリ巻き) アタリの判別しやすい角度を保持。
  3. 5秒くらい待つ(待ちながら、エギはカル〜ク引きぎみに)

アタリが無ければ、1〜3を繰り返す。


ホーム / テクニックの目次