ルアーのタックル

●エサ釣り

シイラ (カツオ, キハダマグロなど)

ロッド

長さ 6〜8ft(1.8-2.4m)の、オフショアゲーム専用ロッド。(キハダ用は8ft以上がオススメ)

オススメ

パームス / シーラプチャー(シイラ・カツオ用)

YAMAGA / BlueSniper ブルースナイパー TUNA(キハダ用)

Tenryu / Spike TUNA(キハダ用)

tailwalk / Kuroshio(キハダ用)

Mangrove Studio / Sol Azula Black Hrcules(シイラ用・キハダ用)

リール

リールは、シイラ、カツオ、マグロなどの豪快な走りに耐えられるドラグ性能の良いものを選びましょう。最低でも使用ラインが200メートル前後巻ける大きさのリールを選ぶ必要があります。(キハダ用は300m以上巻けるリールが望ましい)

シイラ釣りは、ポイントに着いて船が止まってからキャストすることはあまりありません。船の進行方向へルアーをキャストする攻撃的なゲームなので、あまり小さなリールでは、船の進行分しかラインを巻き取れず、ルアーが動かないのです。ですから、ギア比の高い物か、スプール径の大きな物を選んでください。

ダイワ / ソルティガ 4500, 5000, キハダ用なら5500も。/ セルテート・ハイパーカスタム 3500, 4000など。

シマノ / ステラ SW 5000, 6000, 8000, キハダ用なら10000以上も。 / ツインパワー 5000, 6000, 8000。

ライン

PEラインを使用するときは、PEライン専用ロッドを使うなど、ガイドがらみに十分注意してください。キャスティング用PEラインはナイロンに比べて高価ですが、それほど長保ちません。ラインが古くなると表面がささくれて、ボソッと一気に放出され、ガイドにからんでルアーが瞬間的に戻ってくることがあります。PEラインは、ほとんど伸びがないので避ける余裕はありません。大きなルアーを使用することが多いので非常に危険です。くれぐれもご注意ください。(去年使ったラインはシーズンはじめに必ず巻き替えましょう)

その他

サングラスは必ず着用してください。サンバイザー、キャップなどもお忘れなく。あとはフックを外すためのプライヤーなど。水分は真夏だと2リットルぐらい用意した方が無難です。(ファーストエイドキットは船に常備されています)

ルアー(フックはバーブレス!)

ルアーは、どのような条件にも対応できるように、トップ(ペンシル、ペンシルポッパー)、ミノー(フローティング、シンキング、ジャークベイト)、ジグ(ミノージグ、メタルジグ)などを揃えておきましょう。

ルアーカラーは、晴れているときやクリアな潮のところでは、クローム、フォログラム等の光物ベースでブラック、グリーン、ブルー、イワシ、サバなどのベイトフィッシュにあったナチュラル系。逆に、曇りや雨、潮色が悪い時は、ラメをちりばめたボディーか、パールペイントベースでコットンキャンディー、ピンク、チャートなどのハデ目のカラーに良い反応を示します。

ペンシルベイト

ティムコ:レッドペッパーなど

マングローブスタジオ:マヒペン、ボラドール

CB ONE:OZMA

SeaFalcon : Falcon

tama.TV : TT. Eagle

tailwalk : GUNZ

ミノー / ジャークベイト

マングローブスタジオ:マヒジャークなど

ANRE'S (ZetZ) : ラフトレイル

スミス:スーパーサージャー

タックルハウス: K-TEN, CONTACT BRITT, FLITZ など

ジャクソン:アスリート ピンテールチューン

Megabass:XBLADZ (エクスブレイズ)

ジグ / ミノージグ

Nature Boys:スイムライダー 28g〜

Mangrove Studio : ワイプアウト・ショート

Mg CRAFT:スキルジグ, 七星

CB ONE:F-1など

SeaFalcon : キャストジグ

ポッパー

AIMS:スプラッシュヘッド

マングローブスタジオ:マヒボックス

セイカイコレクション : ムラムラポップ

バイブレーション

スミス:ベイブル


RISE  Angler's Club RISE ここで紹介したルアーは平塚の RISE にあります。(通販可能)

Tel: 0463-24-3611


ホーム / テクニックの目次