メジ・カツオ

●タックルショップ

●エサ釣り

ルアー釣り

ロッド

キャスティング用はシイラ用ロッド。長さは6フィートから8フィート。ジギング用は6フィート前後の中大物用。エビングならジギングロッドでもシイラ用ロッドでも良い。

リール

かなりドラグ性能を必要とする。キャスティングは中型スピニングリール(4号 150〜200メートル巻き)以上。ジギングはベイトキャスティングリールでもスピニングリールでも良い。

ライン

キャスティング用は PE 2〜3号にナイロンのショックリーダー40〜60ポンドテスト。ドラグテンションは2キロ以下ぐらい。(ラインの出が止まらないときは徐々にドラグを絞め込む。また、海上が船で混み合っているときはドラグをもっと締め込む必要がある)

ジギング用は PE ライン2.5号〜4号。ショックリーダー(ナイロン40〜60ポンド)。水深10〜30mの表層を狙う場合が多いので2号以下に抑える必要はない。2号以下だと他の人とオマツリした途端に高切れてしてしまう。

ルアー

ジギングは1.5オンス(約40g)から2オンス(約60g)位のジグが主体。だいたいフォールさせる水深は50メートル以内なので、100gぐらいまで持ってくれば大丈夫。

キャスティングの場合は、ペンシルベイト、ミノージグ、ミノー、バイブレーションプラグ、ジグなどいろいろ使う。

激しいアクションをつけないと釣れないとき、ジグはフロントフックだけにした方がいい。テールにトリプルフックを付けているとラインが絡んでしまう。

エビング

DAIWA EBING STICK

DAIWA エビングスティック

エサ釣りの人と同船なので、第一選択はオキアミピンク。他に実績を確認しているのは、今のところクリアブルーラメ、ケイムラクリア。写真のように針を隠しても良いし、頭にチョン掛けでも良い。浮力があるので、ゆっくり自然に沈んでいく。

本物のオキアミより大きくて目立つ3.5インチ。レッグとテールがプルプル振動するので前作のドクタースティックよりアピール力があるようだ。エサより当たることもあるので、現在湘南地区では売り切れている店もある。(全色買いそろえたなんて人もチラホラ)

※リンクした DAIWA のページによれば、2本刺しでサスペンドになると書いてある。食い渋ったとき、実際に2本刺しで漂わせていた人にだけメジがヒットしたので効果的かもしれない。ただし、ヒラマサ針15号でも浮力がやや勝ってしまうので、サスペンドさせるためには調整が必要。通常は1本刺しで良い。

オーナー針 閂キハダ

オキアミ色やケイムラの針も実績がある。大きさは13,14,15号あたりが適当。

それから、キハダ用の針は強いネムリ形状になっている。閂(かんぬき)に掛かってしまえばバラしにくいのだが、当たってもハリ掛かりしないときは伊勢尼金やヒラマサ針など、針先が少しだけ内側にネムっている針に換えてみると良い。(特にカツオの場合)

これを天秤の先にハリスを2〜2.5mほど付けて船長の指示ダナへ送り込む。(6フィートぐらいのジギングロッドの場合、ハリスは2mぐらい。それ以上長くすると取り込みに手間取ってしまう)

オモリは100g〜150gぐらいのジグでも良いのだが、少しでも素早く沈めた方がヒット率が上がるので40〜60号ぐらいのオモリをセットした方がいいと思う。(エサ釣りの人達は100号のコマセカゴを使っているが、カゴの抵抗がない分40〜60号でもタナへの到達が遅れない。水深20mまでなら40号、40m以上沈めるときは60号ぐらいが適当)

トップ

マングローブスタジオ:ATULA CB ONE:OZMA

ANRE'S:GIG SUGIPEN

ミノー

タックルハウス: K-TEN, FLITZ など

ジャクソン: Pintail tune, Pintail EZ など

ジグ / ミノージグ

ハルシオンシステム:harushico CB ONE:F-1など

Mg CRAFT:スキルジグ, IGOSSO

マングローブスタジオ:Sol Azula WIPE OUT SHORT

バイブレーション

スミス:ベイブル

Skill Jig

Skill Jig (Mg CRAFT)

「エサ」と呼ばれるほど実績があります。前方重心で、イレギュラーなアクションを誰でも出しやすい。メジ・カツオには42g, 50g がオススメ。

アクション

“ジャカジャカ巻き”

リールを巻くと同時に竿先を上下に動かす。食いが立っているときはこれで大丈夫。竿は柔らかめでラインはナイロンがいい。

“2段または3段ジャーク&フォール”

常連さんに教えてもらった方法だが、実際に釣れるので紹介しちゃおう。食いが渋い時に試してほしい。まず、ラインはPEが良く、ロッドもやや硬めの方がアクションをジグに伝えやすい。フォールしたら、“カン・カン”と音がするぐらい、激しくしゃくり上げる。(PEラインだと実際にこんな音がする)つまり、ショートジャークをリールを巻かずに連続で行うわけ。

そのあと、ややラインをふけさせながら落とし込み、リールを巻いて次のジャークに備える。追いが鈍いときは、一定のタナにジグが長く留まるしゃくり方が有効だ。特にメジはその傾向が強いので、船長の指示ダナに長くジグが留まるようにするといい。イナダみたいに水面近くまで追ってくることはないのだ。

アタリはフォールからジャークに移る1回目か2回目のジャークで来ることが多い。いきなり走ったら竿先を水面に向けてリールのドラグで対応しよう。

“その他の巻き方”

ハイピッチ・ショートジャーク:難しいが是非チャレンジしてほしい。

スローピッチ・ショートジャーク:案外やる気のない巻き方で釣れることも多い。

ロングジャーク:底物には効果があるが、メジ・カツオにはあまり効果がないようだ。

高速オヤジ巻き:竿を持った手はなるべく動かさず、リールのハンドルをひたすら速く巻く。傍で見ている人が『このオヤジ、気でも狂ったのか?』と思うような必死の形相で巻こう。アクションはジグ任せの控えめなものになる。騙されたと思ってやってみてほしい。(カツオ向きの方法でメジ向きではない)

ヒットジグとフック

写真上、Skill Jig(MG Craft)1.5オンス(42g)パールホワイト。(ピンク系もいい)

写真下、Sea Flower(Maria Office)45g BL(60gも是非!)これは定番です。ピンクも念のため用意。

フックは、がまかつ船ヒラマサ15号、がまかつ Single Hook 510 (1/0, 2/0)など。ダイニーマノット2(よつあみ)の8号を使用。出来上がった製品もある。ドラグは2kg 以下にセットして、最初の強烈な走りに備える。走ったらドラグ任せでスプールに触らない方がいい。そして、止まったら休ませずにガンガン巻き取る。

コツというか常識というか

●『他の人が釣れるまで休もう』と考える人は釣れない。特にメジは船の下を通る一瞬が勝負だから、他の人が釣れてからジグを落としたのでは遅い。休んだら負け。掛けた者勝ちの世界だから休まずにしゃくる。

●隣の人に掛かったら、ジグを巻き上げて待機する。特に取込み時は魚がグルグル回るので、ラインを引っ掛けてしまうのだ。

●途中でバレたかと思うほど軽くなることがあるが、そんなときは渾身の力を込めて素早く巻き上げる。(魚が水面に向かって走るときがあるのだ)

●船から離れたところで魚が浮いたら、すかさずそこへ投げ込む。

●あまり遊んではいけない。巻けるときはガンガン巻いて少しでも早く浮かせる。

●ミヨシで大物を掛けたら、最後は一段降りてから取り込む。(バウデッキは高くなっているので、取り込みにくい)

●泳層を外れたらすぐに落とし込む。特にメジは真上に向かってしつこくジグを追わないので、ジグを動かす距離はせいぜい15メートルの範囲内。

エサ釣り

竿釣り

竿釣り。 (撒きエサ用の沖アミ3kg付き)付けエサ用のオキアミ(LLサイズ)は1パック500円から。

ロッド

1.8〜2.5mぐらいのやや硬めがオススメ。

リール

ベイトキャスティングリールまたは電動リール。PEライン4〜6号。ドラグ調整を忘れずに。

仕掛け

オモリ100号(カゴ付き天秤のレンタルあり。ただし遊動式ではありません)。スナップ付きの天秤は信用しないでください。スナップを伸ばされることがあります。頑丈なスナップに交換しましょう。

チドリ式天秤

ハリ、ハリス

ハリはヒラマサ(または伊勢尼金)12〜13号にオキアミを付けます。ハリスは魚の大きさによりますが、通常は12号か14号。船が混んでいる日は少々強引なやりとりが必要なので、16号か18号を用意するといいでしょう。(14号と16号のハリス付きのハリがあります。足りなくなったときは船長まで)

メジ仕掛け

◆クッションゴムは水面で魚がバレたとき、ゴムパッチンで顔を怪我します。大変危険なので付けないでください。

ハリスの長さは2.5〜3m。長い方が有利と思う方が多いのですが、これ以上長いと取り込むときに必ずハリスをたぐらねばなりません。だいたいバレるときは天秤をつかんでモタモタしているときなので、あまり長くなさらないように。(教訓ブログ


RISE Angler's Club RISE ルアー用品は平塚の RISE にあります。Tel: 0463-24-3611.


ホーム / テクニックの目次