カマス釣り

タックル

ロッド

アジ・イカ用竿でOK。

仕掛け

エサ釣りorひっかけ釣り。*現在、ひっかけ釣り有利。カットウ針またはルアーのタチウオフックを使用します。(上州屋八幡店さんで扱ってます)

カマス引っ掛け釣り仕掛け

現在あるのは、エサ釣り庄治郎丸特製仕掛け(ハリがムツ針15号)で、3本針1セット入り。(500円)

ハリス6号(50cm)、幹糸7号、全長3.6m。カマスは歯が鋭いので軸の長い針を使います。

大カマス胴突き仕掛け

リール

今は水深250メートル前後を狙っています。オモリは150号で電動リールが必要。潮が速いときはラインが300m以上出ることがあります。なお、電源付きの船を使うのでバッテリーは必要ありません。

ライン

PE4〜5号。

エサ

乗船時にお渡しする特製切り身がベスト。生餌は、サバやサメの餌食になります。

その他

●長い仕掛けを使うので磁石マットが便利です。これがないと投入時にトラブルが多いので4本以上のハリは扱えません。3本が限界でしょう。

●磁石マットを固定するのに、ガムテープを使用される方がいらっしゃいますが、グリーンの養生テープを使うとテープ跡が残りません。是非養生テープをご使用ください。

カマスとカサゴ

●カマスは良型(30〜42cm)で脂も乗っています。

●船長が濃い反応の出ているタナをマイクで教えますので、正確に水深を測れることが大切です。

●食いが渋いときは“チョンチョン”という小さいアタリが出ます。すかさずシャープにアワセてください。言うのはたやすいですが、カマスのアワセは結構難しいです。

簡単な釣りだと飽きてしまう人もカマス釣りなら集中できるでしょう。アタリは頻繁にありますが、タイミング良くシャープなアワセを食らわせないと口が硬いのでバレてしまいます。

●ここが大切!! カマスはフワフワと下へ落ちていくエサに興味を示すようです。ということは? そうです。ハリスのヨレが釣果に影響するんです。食いが落ちたら、すかさずハリスを替えましょう。

●カマスの開き方(写真を押すとムービーが始まります)

カマスの開き

QuickTime Movie (30sec, 512KB)

1.ムービーの要領で背開きにし、塩水の中に一旦浸けておきます。

2.全部開き終わったら、歯ブラシで血と内蔵をきれいに落とします。

3.もう一度、きれいな塩水に開いたカマスを浸けます。時間は2〜3時間ですが、季節と保存期間によってはもう少し短くても大丈夫。

4.最後は真水で洗って干します。

Q:ワームで釣れますか?

:食います。ただ、歯が鋭いのでワームの消耗が激しいです。サバの塩漬けは苦手という方には、ワームが便利かも。

Q:エサの付け方は?

:ちょん掛けで大丈夫です。


ホーム / テクニックの目次