ジギング(メジ・カツオ)

●タックルメーカー&ショップ

タックル

ロッド

シイラ用のロッドでよい。長さは6フィートから8フィートぐらい。できれば魚の大きさや、しゃくり方に合わせて、先の柔らかい竿と、硬めの竿2本を用意するのがベスト。

シーバス用のロッドだと折れるかもしれない。4キロオーバーも出るのでナメてはダメ。特に土日は混んでいるので、シーバスロッドだと他の人とオマツリする危険性が高まる。仕立て以外では使わない方がよい。

リール

かなりドラグ性能を必要とする。中型スピニングリール(4号 150〜200メートル巻き)か、ベイトキャスティングリール。

ライン

12−16 ポンド(ナイロン)、または PE 1.5〜3号。伸びのあるナイロンの方が最初の走りでラインを切られることが少ない。ドラグテンションは1.5キロ以下ぐらい。(ラインの出が止まらないときは徐々にドラグを絞め込む)

しかし、食いが渋い時はジグを不規則に動かした方が釣れるので、PE が良いこともある。

ダブルライン + ショックリーダー(30−40ポンド)。

ルアー

2オンス(約60g)位のジグが主体。だいたいフォールさせる水深は50メートル以内。

ピンク系、黒銀、赤金、青、緑、シコイワシカラーなどの他にパールホワイトを是非持ってきてほしい。ホワイトはあまり持っている人がいないが、特別に釣れるときがある。

激しいアクションをつけないと釣れないときは、フロントフックだけにした方がいい。テールにトリプルフックを付けていると、ラインが絡んでしまう。また、トリプルフックだとスレ掛かりが多くなり、土日はオマツリの危険性も高まる。相模湾は船が多いから他船を巻き込むこともある。

Skill Jig(MG Craft)、ブギーウォーク・スメルト(ANRE'S)、ブギーウォーク・スレンダー (ANRE'S)、SeaBlade(ANRE'S)、BUNGY METAL(Bassday)、GALLOP (Jackson)、Ocean Style (TIEMCO) 、P-BOY(Tackle House)、Sea Flower(Maria Office)などが釣れるが、ジグによって最適なロッド操作は多少異なる。

SEA BLADE

SEA BLADE (ANRE'S)

写真は 3/4oz (21g), 1oz (28g). カツオ・メジ用には1oz, 1.5oz, 2oz。代表的なカラーとして上の4つを選びました。ブラックが意外に釣れますよ。ただし、今の時期は2オンス主体ね。

Skill Jig

Skill Jig (Mg CRAFT)

「エサ」と呼ばれるほど実績があります。前方重心で、イレギュラーなアクションを誰でも出しやすい。メジ・カツオには42g, 50g がオススメ。

アクション

“ジャカジャカ巻き”

リールを巻くと同時に竿先を上下に動かす。食いが立っているときはこれで大丈夫。竿は柔らかめでラインはナイロンがいい。

“2段または3段ジャーク&フォール”

常連さんに教えてもらった方法だが、実際に釣れるので紹介しちゃおう。食いが渋い時に試してほしい。まず、ラインはPEが良く、ロッドもやや硬めの方がアクションをジグに伝えやすい。フォールしたら、“カン・カン”と音がするぐらい、激しくしゃくり上げる。(PEラインだと実際にこんな音がする)つまり、ショートジャークをリールを巻かずに連続で行うわけ。

そのあと、ややラインをふけさせながら落とし込み、リールを巻いて次のジャークに備える。追いが鈍いときは、一定のタナにジグが長く留まるしゃくり方が有効なのだろう。

アタリはフォールからジャークに移る1回目か2回目のジャークで来ることが多い。いきなり走ったら竿先を水面に向けてリールのドラグで対応しよう。

“その他の巻き方”

ハイピッチ・ショートジャーク:難しいが是非チャレンジしてほしい。

スローピッチ・ショートジャーク:案外やる気のない巻き方で釣れることも多い。

スパイラルジャーク:非対称ジグを使って、ジグを螺旋状に巻き上げていく。

ロングジャーク:底物には効果があるが、メジ・カツオにはあまり効果がないようだ。

高速オヤジ巻き:竿を持った手はなるべく動かさず、リールのハンドルをひたすら速く巻く。傍で見ている人が『このオヤジ、気でも狂ったのか?』と思うような必死の形相で巻こう。これは Viva Parade に向いた巻き方で、アクションはジグ任せの控えめなものになる。騙されたと思ってやってみてほしい。

ヒットジグとフック

写真上、Skill Jig(MG Craft)1.5オンス(42g)パールホワイト。(ピンク系もいい)

写真下、Sea Flowe(Maria Office)45g BL(60gも是非!)これは定番です。ピンクも念のため用意。

フックは、がまかつ船ヒラマサ15号、がまかつ Single Hook 510 (1/0, 2/0)など。ダイニーマノット2(よつあみ)の8号を使用。ドラグは1.5kg 以下にセットして、最初の強烈な走りに備える。走ったらドラグ任せでスプールに触らない方がいい。そして、止まったら休ませずにガンガン巻き取る。

コツというか常識というか

●『他の人が釣れるまで休もう』と考える人は釣れない。特にメジは船の下を通る一瞬が勝負だから、他の人が釣れてからジグを落としたのでは遅い。休んだら負け。掛けた者勝ちの世界だから休まずしゃくる。

●隣の人に掛かったら、ジグを巻き上げて待機する。特に取込み時は魚がグルグル回るので、ラインを引っ掛けてしまうのだ。

●途中でバレたかと思うほど軽くなることがあるが、そんなときは渾身の力を込めて素早く巻き上げる。(魚が水面に向かって走るときがあるのだ)

●船から離れたところで魚が浮いたら、すかさずそこへ投げ込む。ぼやぼやしてると「ルアーマン、何やってんだ!」と船頭に怒鳴られる。

●あまり遊んではいけない。巻けるときはガンガン巻いて少しでも早く浮かせる。

●ミヨシで大物を掛けたら、最後は一段降りてから取り込む。(バウデッキは高くなっているので、取り込みにくい)


RISE Angler's Club RISE 商品は平塚の RISE にあります。Tel: 0463-24-3611.

なお、Palms, ANRE'S のスペックを詳しく知りたい方は Angler's Republic にアクセスしてください。


ホーム / テクニックの目次