●ヤリイカ釣り ●マルイカ釣り

ムギイカ・スルメイカ釣り

タックル 主に竿釣りについて

ロッド

竿は専用竿または丈夫で短め(1.2〜1.8メートル)がいいでしょう。代用は、アジのビシ竿などがベストです。 従来のヤリイカ用(先調子)などは、電動シャクリには向きませんね。

リール

直結の場合、リールは電動で、PE 6号が300m巻けるものが標準ですが、速度段階5以上が有利。 (やっぱS社は強い)

ライン

PE6号が基本。電動直結は仕掛け全体に負担がかかるので、細いものは向きません。

仕掛け

ブランコ仕掛けか電動直結仕掛けを使います。電動直結は手釣りの応用ですね。 ブランコ・・・幹糸は5号、ハリス3-4号。11cmまたは14cmプラヅノを5-8本。オモリ120号。

直結・・・ハリス6-8号、14cmプラヅノまたは8cmウキスッテのミックスがベスト。ツノ数は8-12本。 参考・・・手釣りの場合は中オモリに比重をかけるため、例えば上5本まで10号、その下は8-6号と、中オモリに近いところほどハリスを太くするのが普通。電動直結の場合、ツノ数が12本以下なら8号で大丈夫。

オモリ

手釣りの場合は、鉛ツノを混ぜるので中オモリに比重を掛けます。

中オモリ

電動直結仕掛けの場合は、中オモリ30-50号、下オモリはそれに合わせて 合計が120-140号にします。 (中オモリ30-40号、下オモリ100号が初心者でもシャクリやすいかな)

熟練の方は、この場合も中オモリに比重をかけることが多いです。 注)シャクリの場合、下オモリにも負担がかかるので、スナップが外れてオモリを落としてしまうことが多いです。市販仕掛けのスナップは小さめな場合が多いので、大きめのものに取り換え、止めをニッパなどでつぶしておくと効果有り。

投入器

電動直結の場合、カンナを上にして投入器に入れます。ブランコは当然カンナは下。

アクション(ここは大切。イメージしてくださいね!)

ブランコは手巻きでもイカは乗るが、直結は電動で低〜中速を自動巻きしながらシャクリ続けるのが基本。まず、船長の指示タナで中オモリの位置を止めてそこからシャクリを開始します。

イカが乗ると、シャクる最中に重みを感じてくるので、そのままの速度でなるべく竿を平行にしてロッドキーパーに竿をかけず、手持ちで巻き上げてくるのがベスト。重みを感じなければ、再び気合を入れながら(笑)指示タナまで落としてシャクリ再開。(状況に応じて指示タナが変化することがよくあるので、船長の声をよく聞いてください。)

ここで注意することは、イカが乗った時は急激な巻き上げ速度の切り替えをしないこと。速すぎてもバレルし、むしろ低速に戻した時のほうがバレることが多い。また、数が乗る好条件の時は、乗った感触がしてからもシャクリ続けたほうが、その分ツノがまだ踊るので、追い乗りする。この時、「お祈り」することが大切(笑)。

ムギイカでも3杯乗ったら結構重たく感じます。リールによっては、5杯以上乗ると電動が止まってしまう場合も。(嬉しいけど)

参考)現場でお客さんのシャクリを見ていると、1杯しか乗せていないのにシャクリをやめてしまうことが多いですね。1杯でも!という気持ちは分かりますが、それではいつまでたっても初級者と変わりません。

今度は取り込みです。 最近の電動リールは船べり停止機能があるので、巻き上げが完全に停止する時に、中オモリが水面から上に出ない程度に調整します。(1回投入すれば分かりますよね)

停止する瞬間、ゆっくり手巻きで中オモリを確保します。この場合、ロッドキーパーの両側にあるゴム製の丸い溝にハリスを挟むか、中オモリが船べりの内側へ垂らすようにして、ハリスが風などで膨らまないようにします。もし、竿先まで中オモリを巻いてしっまた場合は、そのまま竿を立てながら慌てずにハリスをゴム製の丸い溝に挟めばOK。

取り込む場合、熟練者はイカを足下にはたき落としながらツノをイスに並べるか、何本か片手に持って次の投入に備えますが、慣れない方は、それをやってしまうと、まだ下のツノに乗っているイカを落としてしまう可能性があるので、とりあえずツノにイカがくっついている状態で次々にツノを足元に落とすしかありませんね。(次回の投入が多少遅れますが・・・)

以上でひととおりの説明をしましたが、やはり現場の経験が大切です。これを見てイカが簡単に釣れると思ったら間違いです。 常連さんや、隣の上手なお客さんを手本にして、是非、楽しいムギイカ釣りをマスターできるよう頑張ってください。参考になるムービー画像は、2001年、5, 6月にアップしてますので是非ご覧ください。 また、質問などございましたらメールや掲示板がございますので活用してくださいね。

電動直結仕掛け

ヤリイカ釣り

タックル

ロッド

竿は先調子(9:1 から 8:2)の専用竿が一般的ですが、最近は胴調子タイプもあります。でも、初級者には先調子をオススメします。アタリが取りやすく、シャクリも楽なので。

リール

リールは電動で、PE 6号が300m巻けるものが標準です。電源は船にあるので、バッテリーを買う必要はありません。電動リール付き貸し竿(千円〜2千円)もありますので、初めての方もお気軽に!

ライン

PE 4-6号ですが、6号を使う人が多いです。金に糸目をつけないなら4号の方が先に着底しますが、イカ釣りの場合、おとなりの人のイカヅノが引っかかることがあるので、耐久性を考えるとやっぱり6号なんです。

オモリ

全員120号で統一です。中オモリは、上級者の方は10-30号を使用しますが、初級者の方はないほうがよろしいかと。

投入器

無料でお貸ししています。船に積んでありますので、お使いください。(常連さんは My 投入器を使ってます)

アクション

イカちゃんを乗せるコツ

注意点

●初心者は角の数を減らしましょう。最初は5本で十分です。角の数が多ければ多いほどオマツリが多くなります。

●あと、水中ランプの使用は、混み合ってる時はご遠慮ください。どうしても水圧の影響で絡みやすくなります。


ホーム / テクニックの目次