アオリイカ

●タックルメーカー&ショップ

タックル

ロッド

現在、常連さんの竿は、1.3m〜1.5mの専用竿が主流。その方が片手で楽にしゃくれるから疲れない。ただ、あまり短くて柔らかいものはオススメしない。

他に使える竿としては6フィートぐらいのバスロッド。(アクションはファースト)7フィートのシイラ竿も一応使える。(重いけど)。

リール

小型から中型のベイトキャスティングリールがオススメ。レンタルのリールあります。もちろん両軸PEライン巻き。

ドラグテンションは? 必要ないですね。バラシのもとになるだけだと思っています。

ライン

PE の1号から2号がオススメ。細い方がラインに水圧がかからないので、細さ優先でラインを選ぼう。強度は1号で問題ない。

ハリスは海藻の根っこを引きちぎれるぐらいの強さが必要。根ズレに強いフロロカーボンの4号ぐらいがオススメ。

ハリスの長さは4mが基本。(仮に3m,5mの方は指示棚からプラスまはマイナスしてください)

根の周辺を探るので、ハリスに傷がつくことがある。そのままにしていると必ずエギをロストするので、ちょっとでもハリスがささくれていたら、面倒くさがらずに交換しよう。( エギがなくなったらラインより高いよ)

エギ

色、形、大きさのバリエーションは多ければ多い程良い。青、緑、黒などを使うこともある。アオリーQのピンク、オレンジが定番だが、何が当たるかはその日になってみないとわからない。同じピンクでも模様が違うだけで差が出てしまう。(歴然だよ!)

最もお金をかけるべきものはエギ!! 竿やリールを上回るぐらいお金をかけて集めまくろう。他の人が釣ったとき、すぐさま同じエギをセットすれば、かなりの確率で釣れる。(これには誰も異論を唱えないはず)大きさは3.0号〜4.5号。(3.5〜4.0号が標準)

3.0号は何をやっても釣れないときに試してみて。(これホント)

投入と棚取り

船長の投入の合図とともに、エギを竿先くらいまで軽く投げ、着水と同時にスプールを解放する。

水面からの指示棚で止めて、エギがなじむのを待ってシャクる。(4mのハリスでエギ4号の場合、5-6秒前後)

仕掛けは中オモリを使用したもの。道糸とハリスが絡まないように、エギを手に持って先にオモリを投入。その後、エギを沈んでいく道糸からなるべく離れるように投入する。(大潮の時は潮が速いので12号や15号も入手しておこう)ハリスは4m前後。狙う水深は15〜40m。

アオリイカを狙う場所は起伏のある根の周りなので、船長が「水面から何メートル」と言ったら、指示されたタナで中オモリを止める。エギがなじんで沈みきった場合(5-7秒前後)、根のてっぺんよりエギが上に来るように指示してるので、まず根がかりの心配はありません。

中オモリを止めてからすぐシャクる方がいますね。たいてい上げてみるとハリスはだんご状態!

水深が潮の流れによって変化するので、その都度船長の言う指示タナに合わせてリールを巻き上げ、もしくは落とし込みます。ですから、ラインは1mごとにマーカーの入っているPEがオススメです。「ハイ、1m上げて、2m下げて」のように。

シャクリのタイミングは人それぞれですが、基本は、一回シャクってエギがなじむのに、最低4-5秒かかるので、5秒以上の間隔を置いてシャクルと仕掛けが絡むことが少なくなります。みんな頻繁にシャクリがちだけど、ハリスがグチャグチャになるから最低でも7つぐらい数えた方がイイよ。

アオリイカは日中、底から5メートル以内にいることがほとんどと考えられますが、指示ダナを無視して底スレスレにエギを漂わせると、根がかりばかりして決していいことはありません。むしろ、高めのほうがイカにアピールできます。これはホントだから、船長を信じてくださいね。

アクション

エギが沈んでいくとき、イカが乗ることが断然多い。基本はしゃくって、ゆるめて、またしゃくりの繰り返し。うまい人のテクニックを見て覚えよう。特に釣れた人のエギや、しゃくり方に注目。それしかうまくなる道はない。

●とにかく一度経験してみよう。いろいろ情報を書くので庄治郎丸ブログ(本日の相模湾)のチェックもお忘れなく。ここには、ほんの触りしか書いてません。イカ釣り名人への道は限りなく遠く長いのだ。


Angler's Club RISE 商品は平塚の RISE にあります。

Tel: 0463-24-3611.


ホーム / テクニックの目次